輸入住宅、海外の思想が生きる家は頑丈でデザインや居住性も魅力

輸入住宅

輸入住宅は、日本家屋の設計とは異なる考え方に基づき設計される海外発の住宅です。日本では、注文住宅やデザイン住宅など、住む人の個性が反映される住宅の人気が高まっていますが、海外の設計思想で建てられる輸入住宅にも注目が集まっています。

住む人の個性が表れる家

山の中に建つ和モダンな家

日本では長い間、「家を建てる」「家を買う」と言うと、ハウスメーカーが販売する建売住宅のイメージがありました。本当はそんなことはないのですが、全国規模のネットワークを持ち、宣伝力もある大手ハウスメーカーは誰もが知っていますので、そんなイメージが付いてしまったのかもしれませんね。現在の日本は、ひと言で言うと「多様化」の時代。物を購入する際も多様な選択肢がありますが、中でも個性を重視した「スペシャル感」のある製品が増えているように感じます。

住む人の個性が表れる家。もしかしたら「個性が表現できる家」と言った方がいいかもしれませんが、そんな「スペシャル感」のある家が注目されているようです。注文住宅やデザイン住宅、そして今回ご紹介する輸入住宅が、個性やこだわりを落とし込める家として、多くの人を惹きつけています。

輸入住宅とは

一軒家バー

輸入住宅は、輸入された建材を使用して建てられる住宅です。しかし、ただ輸入されたドアや木材を使って建てられるわけではありません。そこに設計思想があることが重要です。

海外の設計思想と、海外の工法により建てられる家。これが輸入住宅ということになります。日本家屋に設計思想があるように、それぞれの国に、それぞれの国の風土に合った設計思想があります。また、それぞれの国の家屋には、やはり独特のデザインがあります。輸入住宅は、その国の設計思想、特徴が現れた家です。たとえば広々とした間取り、気密性の高さなどがその国の「特徴」と言えるでしょう。

日本で海外由来の住宅「輸入住宅」が知られるようになったのは、ちょうど世紀が変わる頃のこと。円高の影響で輸入品に注目が当たっていた時期です。主にアメリカやカナダといった北米、地中海をイメージさせるスペインやフランスなどの南ヨーロッパ、そしてスカンジナビア(北欧)から輸入された住宅でした。

現在も、日本で輸入住宅というと、大きく「ヨーロッパスタイル」と「北米スタイル」に分けることができます。

ヨーロッパスタイルの輸入住宅

ヨーロッパスタイルの輸入住宅は、日本でも多く見かけるようになりました。地中海の青い海と太陽が似合う南ヨーロッパスタイル。シンプルで暖かいアースカラーがやさしいスカンジナビアンスタイル(北欧スタイル)も人気です。北欧はデザインに定評のある地域で、雑貨や家具が好きな方にはおなじみのスタイルでしょう。

北米スタイルの輸入住宅

北米スタイルの輸入住宅は、ヨーロッパからアメリカに渡った人たちが住んだ家がベースです。移民の国アメリカには、ヨーロッパ各国から多くの人々が移住しました。イギリス、イタリア、スペイン、フランス…それぞれの住宅の特徴を引き継いだ家がアメリカにも建てられました。

アーリーアメリカンは、まだアメリカがイギリスの植民地だった頃、多くの住宅建築に用いられたスタイルです。ホワイトを中心とした色使い。屋根から飛び出た小屋のような「ドーマー窓」。エントランスのポーチ。細長く平らな板を貼り合わせた「ラップサイディング」と呼ばれる外装。これらがアーリーアメリカンスタイルの特徴です。レトロな味わいとさわやかさの中に温もりが感じられます。

輸入住宅の全般的な特徴

キッチン

既にお話ししたように、それぞれの国に、それぞれの設計思想があります。海外の多くの国々では「長く住み続けられること」がその思想に含まれています。輸入住宅は全般的に丈夫にできていますが、その特徴を生み出すのが「ツーバイフォー工法」と呼ばれる工法です。

ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法は、木造枠組壁構法とも呼ばれる工法です。19世紀の北米で発明された工法はすぐにアメリカで一般的なものとなりました。

ツーバイフォー工法では、合板と角材を組み合わせてボックス型の空間を作り、それを組み合わせることで強固な建物を作っていきます。「面」を使って建物を支える。これがツーバイフォー工法の強さの秘密です。

日本では「柱」と「梁」を組み合わせる工法が主流でしたが、ツーバイフォー工法は1970年代に日本にも導入されました。ヨーロッパでもツーバイフォー工法とひじょうによく似たパネル工法が古くから使用されており、強固な造りは輸入住宅の特徴ともなっています。

デザイン

その国独特の設計思想から生まれる輸入住宅は、日本の住宅にはない、高いデザイン性が備わっています。海外の物が何でもセンスがあるというわけではなく、日本にはない魅力が備わっているということです。住宅だけでは無く、他の物にも共通することですが、特徴があるからこそ惹かれるものがあるのです。輸入住宅の人気の背景には、そのデザイン性があることはいうまでもありません。

独特の居住性

海外発の住宅・輸入住宅は、その居住性も日本の住宅とはひと味違います。北米やヨーロッパから主に輸入されている輸入住宅は、その気候的な特徴から、寒さに強くつくられています。また、一般的な日本の住宅とは異なり、間取りがゆったりととられていることも特徴でしょう。

広々とした間取りからは、家庭内コミュニケーションを、より大切に考える西洋的思想が感じられます。一般的な日本の住宅であれば、寒さをシャットアウトするために間仕切りを多くとりそうですが、輸入住宅は気密性と断熱性を高めることで暖かい居住空間を作り出しているのです。

日本における輸入住宅の値段は?

光の差し込むリビング

住宅は、人生の中でも大きい買い物になりますので、どうしてもその値段を気にしなくてはいけません。一昔前は輸入物というと高級な響きがありました。実際、輸入車は「外車」と呼ばれ、高級品の代名詞だった時代もあります。もちろん今でも外車という言葉は使いますが、現在はさまざまな輸入車が日本でも手に入りますので、決して「外車=高級」ということではなくなりました。

では、海外から輸入された住宅はというと、車と同じようなことが言えます。実は日本の住宅の値段とあまり変わりません。大手ハウスメーカーの家と比較すると、安い場合もあるほどです。そのため、予算についての考え方は、輸入住宅だからといって変える必要はないでしょう。値段のことよりも、輸入住宅の特徴を考えて、家族の生活にマッチするかを検討することが大切です。

家族の生活にふさわしい家を買う

おもちゃに囲まれた子供

輸入住宅は、その国、その地域の設計思想に基づいて建てられる家です。気候や住む人、そして文化などが、一軒の家に凝縮されているのです。

たとえば、寒い国の住宅は、断熱性や気密性を高くして、冷たい空気を家の中に入れないような作り方をします。ただ日本では、北海道などの寒冷地でも無い限り、そこまで気密性の高い家が必要かどうかは疑問なところです。また、日本は湿気が多く、湿気対策は日本の住宅では欠かせません。

また、家族の生活スタイルに家がマッチしていることも重要です。あまりこういう人はいないとは思いますが、純和風の生活スタイルで暮らす人が、ある日突然、海外の思想でつくられる輸入住宅で暮らすことになれば、大きな不便を感じることになります。

日本で暮らすからこそ、輸入住宅とはいっても、日本の気候に適合すること、そして家族の生活を邪魔しないこと、が求められます。

その国の思想が生きる輸入住宅

窓の大きな開放的な家

日本における輸入住宅は、主に北米やヨーロッパから輸入されていて、その地域の文化や風土が反映されています。丈夫で間取りが広く、一般的な日本の住まいには無い魅力を持ちますが、家族のライフスタイルに合った家なのかどうか、購入前に検討する必要があります。すべてに納得して購入するのであれば、家族の笑みが絶えない、ほっこりした家になることは間違いありません。